福岡・糸島の整形外科・小児科・児童精神科・歯科・リハビリ科

糸島こどもとおとなのクリニック

マッケンジー法とは

マッケンジー法とは単に腰をそらす腰痛体操ではありません

マッケンジー法は、腰痛や首の痛み、手足の痛み等に対する検査法、施術法として国際的に高い評価を得ています。ニュージーランドの理学療法士、ロビン・マッケンジーによって、1950年代に考案されて以来、世界中で広く活用されている健康回復のための自己管理方法です。

腰痛や首の痛み、手足の痛みなどをお持ちの方にはぜひ一度おすすめしたい評価方法です。

たとえば、過去にレントゲン写真やMRI検査などで「ヘルニアがある」とか「変形がある」といった事を指摘されたことがあり、もう治らないと思い込んでいる方が少なからずいらっしゃいます。

実際には、全く症状のない方でも、レントゲン撮影すると変形があることも、また、MRI検査でヘルニアがあることも稀ではないのです。つまり、画像診断でみつかった「異常」が自分の症状の原因とは限らないのです。そもそもMRIのような高価な検査は、多くの場合必要ありません。

認定セラピストは、エクササイズや姿勢などで改善できるタイプなのか、どのようなエクササイズや姿勢が必要なのか、日常生活で気をつけるべき点は何なのかを速やかに判断できます。

これらのアドバイスをもとに、自らエクササイズや姿勢を意識した生活を送っていただき、その結果をもとにさらにどういう事が必要なのかを判断して新たなアドバイスを行うことを繰り返し、最終的には症状を自分で管理できるようになる事を目指しています。

いわばマッケンジー法は、初回の検査から再発の予防対策に至るまでの全てを含んだ健康回復・維持の方法なのです。

詳しくは国際マッケンジー協会のホームページをご覧ください。

※なお、当院を受診された患者さんの中からマッケンジー法による評価・治療を行った症例についてはこちらのブログでご紹介しています。

投稿日:

Copyright© 糸島こどもとおとなのクリニック , 2018 All Rights Reserved.