福岡・糸島の整形外科・小児科・児童精神科・歯科・リハビリ科

糸島こどもとおとなのクリニック

マッケンジー法・症例ファイル

case_174 右肩痛

投稿日:

ボールを投げていて右肩がグキッとしてから痛みがあります

福岡、糸島からお届けするマッケンジー法・症例ファイル。
今回は右肩の痛みで来院した10代男児のお話です。

学校でボール遊びでボールを投げていて、右肩にグキッとした違和感を覚えた後、右肩を回すのが痛くなりました。
背中の方に手を回す動作も痛みます。

ボールを投げるときに肩にグキッという違和感があった後の肩の痛みですが、マッケンジー法による評価では四肢の痛みは必ず脊椎から評価を開始します。
肩の場合は頚椎を中心に評価を行うことになります。

肩をぐるぐる回す動作で痛いようですが、手を背中に回す動作以外は可動域は左右差ありません。
右手は腰のベルトのあたりまでしか届きません。

頚椎の動きには制限はなく、右肩にも響いたりしないようです。

座っている姿勢は猫背でダラリとしています。この姿勢を矯正して1分ほど保持してから、もう一度、背中に手を回してみますが、これは良くも悪くもありません。

続いて、姿勢の悪さを参考に、頚椎の伸展方向の評価から開始します。
可動域は良好で、通常、部活では体操をやっている身体能力の持ち主なので、伸展のやり方を説明してから、最初からしっかりと5回伸展してみます。

D男くん
あっ、さっきよりしやすいです

少しだけ腰の上の方に手が回ります。

さらに負荷を上げて5回。手はさらに腰から背中の方に上がるようになっています。

佛坂
さっき痛かった肩を回すのやってみようか
D男くん
だいぶいいです!

頚椎のエクササイズで十分な改善傾向が見られましたので、初回の評価はここまでにして、姿勢と頚椎のエクササイズを宿題にしました。

それから3日後。

まだ引っかかり感が少しあるもののだいぶよくなったようです。
右手を背中に回すのもだいぶ上に上がるようになっています。
姿勢は気をつけているといいます。エクササイズは2セット/日とこまめにはできていません。
右肩をぐるぐる回してもらい、わずかに引っかかり感が再現できることを確認しました。

エクササイズをチェックしてみます。

エクササイズは上手にこなしています。5回しっかりと頚椎の伸展エクササイズを行った後、もう一度、右肩を回してもらいます。

D男くん
引っかかりが軽くなりました!

(RET+EXT w/op self B)

それから3日、初診から6日目。

もう治ったと右肩をぐるぐると回してみせます。
右手を背中に回すと、もう少しで左と同じくらいというところまで回せています。
もちろん姿勢も気をつけているようです。
これからも良い姿勢を意識して続けるように指導して卒業としました。

今回はボールを投げたときに右肩にグツっとした違和感があってから生じたという外傷を思わせるイベント後の右肩の痛みでしたが、評価の結果は頚椎のエクササイズのみで症状は完治してしまいました。
マッケンジー法では、肩の痛みのある患者さんに何らかの肩の外傷のように思えるイベントが関係していると思われても、必ず脊椎から評価を行います。
それは今回の経過をみておわかりのように、たとえ肩の症状であっても脊椎に関連した症状であることは少なくないからなのです。

-マッケンジー法・症例ファイル

Copyright© 糸島こどもとおとなのクリニック , 2020 All Rights Reserved.