福岡・糸島の整形外科・小児科・児童精神科・歯科・リハビリ科

糸島こどもとおとなのクリニック

マッケンジー法・症例ファイル

case_101 両膝痛

投稿日:

両膝の痛みのため近くのスーパーにも歩いて行けません

糸島こどもとおとなのクリニックからお届けするマッケンジー法・症例ファイル。
今回は両膝痛を主訴に来院された70代女性のお話です。

とても働き者で、同居のご家族のために家事をあれこれとこなす毎日を送っておられます。二十年来の両脚の痛みがあるそうで、8年ほど前には両膝に水が溜まったりして、注射などの治療のために整形外科の病院に通ったこともあります。3〜4年前から急に悪化してきましたが、我慢していました。今の一番のご希望は近くにあるスーパーのAコープまで自分で歩いてでかけて買い物すること。今はご家族に車で連れて行ってもらっているそうですが、少しでも家族に迷惑をかけずに皆のために家事をやりたいというお母さんの鏡のような方です。

他の病院であれこれと投薬されたときには、処方された薬が多すぎて食事ができないようになってしまい、やめてしまったそうです。昨日は痛くて眠られず、家族に勧められて受診しました。

座っている状態でも痛みは5点(最大10点)、歩くと8点もの痛みがあります。

特にレッドフラグはありません。単純X線写真では多少の変形がありますが、メカニカルな評価については問題ありません。
(単純X線写真:L2/3椎間狭小化、L4/5軽度辷り、L5/S変性)

しばらくお話をした後に、再度、現在の症状をお伺いすると、先ほどとは違うようです。
両側の膝蓋骨遠位周囲の痛みが3点、右ふくらはぎの外側にも押して痛みがあることが確認できました。

悪い姿勢を矯正して保持し、しばらくすると、

A子さん
右のふくらはぎが痛いです

楽にしたら、痛みはすぐになくなりました。
(姿勢不良+ 姿勢矯正保持検査 下腿痛increase-NW)

腰椎の可動域検査では、いずれの方向も軽度の制限があり、前かがみのときと腰をそらす時のいずれも両膝の痛みが少し強くなります。
横に動かしてもあまりはっきりした変化はありません。
(ROM 腰椎屈曲・伸展 両膝痛increase-NW)

ROM検査の結果では屈曲・伸展ともに痛みが強くなったので、まだはっきりとした方向性は見えていません。
しかし、姿勢を矯正保持した際により遠位(足に近い方)の症状が強くなりましたので屈曲方向がよさそうなのですが、はっきりさせるために、まずは伸展を試してみます。流し台の縁に腰をあてていただき、しっかりと5回伸展すると……

A子さん
両膝とふくらはぎが痛いです
佛坂
いつもの痛みの感じですか?
A子さん
そんな感じです

(EIS流し台 5回 W)

そこで、逆に屈曲をみます。
まずは一回、しっかりと屈曲します。

A子さん
少し右足にきます
佛坂
戻った後はどうですか
A子さん
戻ったら大丈夫です

このように患者さんの痛みの変化を細かくモニタリングしながら注意して続けます。
そして10回後。

佛坂
さっきあったふくらはぎの痛みはどうですか
A子さん
ふくらはぎは……痛くないです

(FISitting w/op self 10回 B)

佛坂
少し歩いてみましょう
A子さん
歩けます!(^-^)

まだ痛みはありますが、かなり改善しているようです。

ご自宅でやるべきことをご説明し、初回評価を終了します。

そしてその翌日……だいぶいいようです(^-^)。
昨夜は痛みが軽くて寝られたとのこと。
すでに膝の痛みは昨日と比べると8割ほど良くなった感じで2-3点くらいです。

体操をしたあとに少しふらつく感じがあったそうで、エクササイズをチェックすると、ややスピードが早い印象です。
そこで、前かがみするときにできるだけ首を固定したまま、ゆっくりと屈曲するように指導して、まずは1回。
ふらつきはないようですから、同じペースでトータル10回。

佛坂
今の膝の痛みは何点くらい?
A子さん
痛くないです……
佛坂
0点?
A子さん
……1点くらいでしょうか(^-^)
佛坂
あとはAコープまで歩くというより楽しい目標を探さなくてはいけませんね!
A子さん
友達と旅行とか(^-^)
佛坂
そう、それいいですね!それを目標にしましょう!

それから数回の評価とさらにエクササイズの工夫など指導した後の初診から10日目。

エクササイズを始める前は、両脚の痛みのために朝からシャワーもおっくうだったのが、今朝はシャワーも浴びられたとニコニコ顔です(^-^)

そして、最初の目標、近くのAコープに歩いていったら、途中で痛くなったのですが、立ったまま屈曲エクササイズ(FIS)をやってAコープまで行けました(^-^)
さすがに帰りは迎えに来てもらったのですが、最初の目標が早くも達成できて、たいへん喜んでおられます。

両膝に水が溜まり、注射などの治療のために整形外科の病院に通ったこともあったそうで、ご自分では膝が悪いと考えておられましたが、少なくとも今現在の両膝の痛みについては腰に関連したものだったようです。

マッケンジー法では過去に何という病名でどのような治療を受けてきたかという情報は参考にはしますが、その情報にとらわれることはありません。
結局のところ、いま目の前にいる患者さんを自らマッケンジー法により評価してその反応をみてみないと、なんとも言えないのです。

-マッケンジー法・症例ファイル

Copyright© 糸島こどもとおとなのクリニック , 2018 All Rights Reserved.