福岡・糸島の整形外科・小児科・児童精神科・歯科・リハビリ科

糸島こどもとおとなのクリニック

マッケンジー法・症例ファイル

case_113 右足関節痛

投稿日:2018年12月18日 更新日:

あまりはっきりとしたきっかけなく右足首が痛くなりました

糸島こどもとおとなのクリニックからお届けするマッケンジー法・症例ファイル。
今回は捻挫したわけでもないのに右足首が痛くなったという10歳、女児のお話です。

運動はテニスを週に3回程度していますが、テニスについては特に最近変わったことはありませんでした。
1〜2週間前から、捻ったり、ぶつけたりした記憶もないのに右足関節外側に痛みを覚えるようになりました。

自宅では椅子かソファの生活のようですが、どちらかというと椅子のほうが多く、学校の宿題はリビングでするようです。

歩くとき、走るときに左足関節外側に痛みがあります。マッケンジー法による問診ではその症状が日常生活でどのように変化するのかをかなり細かく聴取します。

佛坂
1週間くらい前に足が痛くなってから、歩いていても全然痛くないこともあったかな?


Cちゃん
学校の教室移動の時に、全然痛くなかったことがあります

教室移動のときに全く痛くなかったのですが、その後、また痛みが戻ってきた経験をしているようです。

このようにある同じ動作で痛いときもあれば全く痛くないときもある……マッケンジー法による評価をしている皆さんには、ある分類を示唆するかなり有力な情報です(^-^)

もちろん、足関節の腫脹も、発赤もありませんし、通常の可動域は保たれています。

単純X線写真では腰椎の前弯が強い(一般に反り腰と呼ばれるような状態)ことが確認できますが、腰椎、足関節とも特に問題となるような異常はありません。

腰椎の可動域検査では伸展(腰をそらす)はとても良くできるのですが、屈曲(前かがみ)は指先が床につきません。

立ったままの状態で右足に体重を載せると3点(考えうる最大の痛みが10点満点として)、歩行時には5点の痛みがあり、これらが負荷によりどう変化するかを見ることにします。

先に姿勢矯正保持検査をして何ら影響がないことを確認していますので、まずは屈曲負荷をかけてみます。

診察台に端座してもらいしっかり屈曲すること10回。

佛坂
立って右足に体重を載せてみようか
Cちゃん
(なんどか載せながら)……う〜ん、ん〜、あまり痛くないかな……
佛坂
歩いてみようか
Cちゃん
少し痛くないです
佛坂
何点くらい?
Cちゃん
3点くらいかな

(FISit w/op self 10回 NE, 荷重時痛、歩行時痛 decreased, B)

良い印象ですので、曲げるときに負荷をしっかりとかけるように指導しながら10回追加してみます。

佛坂
もう一度歩いてみようか
Cちゃん
(歩きながら)……あまり痛くないです
佛坂
何点くらい?
Cちゃん
1点くらい…

(FISit w/op self さらにER意識して 10回 荷重時痛、歩行時痛 decreased, B)

症状は診察開始の時点と比べて半分以下にまで改善していますので、初回評価はこのあたりでやめて、座るときの骨盤の倒し方や自分でやるエクササイズなど説明して初回評価を終了しました。

そして2日後。

もう全く痛くありません(^-^)

初診当日の夜には痛みはなくなっていたようです。

Cちゃん
運動しても大丈夫ですか?
佛坂
運動してて、もしまた痛くなったらどうしたらいいと思う?
Cちゃん
教えてもらった体操します
佛坂
それを知ってたら何も怖いことはないね!(^-^)

これまでにも症例ファイルでご紹介してきましたが、上肢、下肢の様々な痛みが頚椎や腰椎に関連していることは稀ではありません。
手や足に痛みがあるとき、その痛みが同じ動作や状況で常にあるのかという情報はとても重要です。
痛みがある時とない時があって、痛みがない時にはなんともない……そんな症状があるとき、その症状はひょっとしたら首や腰など脊椎に関連した痛みかもしれないのです。

-マッケンジー法・症例ファイル

Copyright© 糸島こどもとおとなのクリニック , 2019 All Rights Reserved.