福岡・糸島の整形外科・小児科・児童精神科・歯科・リハビリ科

糸島こどもとおとなのクリニック

マッケンジー法・症例ファイル

case_124 右踵痛(右かかとの痛み)

投稿日:

ジョギングするときに踵(かかと)の内側が痛みます

糸島こどもとおとなのクリニックから不定期にお届けするマッケンジー法・症例ファイル。
今回は走っていて右踵(かかと)が痛くなったという40代男性のお話です。

3週間ほど前からジョギングで走るときなどに右踵の内側に痛みを覚えるようになりました。なんともない時もありますが、スピードをだして走るときは必ず痛いようです。現在は立ち上がるときも多少痛いのですが、どちらかというと座る動作のほうが痛いようです。加えて、前かがみで右踵にビリっとくるような痛みもあります。

2年ほど前にしばらく腰痛がありましたが、現在は腰の症状はありません。
しかし、足の症状ですからマッケンジー法では……そう、腰から評価していきます。

単純X線検査では特に異常はありません。

立った状態から座る動作で右踵に6点(考えうる最大の痛みが10点満点として)を確認できました。

腰椎の可動域検査では多少体が硬い以外、特に異常を認めません。

症状の起こり方などの問診情報を参考にして、まずはうつ伏せになってもらい、しっかりと10回伸展していただきます。
そして立ち上がって座っていただき痛みを確認します。

B男さん
あぁ、少し痛みが減りましたね…3点くらいです

(EIL w/sag 10回 B)

お元気な方なので、あと10回やってみます。

佛坂
さっきと同じように立って、座ってみましょうか
B男さん
……

ちょっと考えているように見えます。

佛坂
で、かかとの痛みは?
B男さん
あぁ!ほとんど0でした!

座る動作で痛かったことを忘れていたようです(^-^)

このエクササイズを宿題にして、初回評価を終了しました。

それから一週間後。

ほとんど良くなったようです。
ジョギングも問題なくできました。
朝に腰を曲げるとき少しだけ右踵に痛みがあるようですが、日中は問題ないレベルになっています。

この一週間に起こった変化などお伺いしたところ、面白いことに気づかれたようです。

それは、痛みがもとあった位置から少し後ろに移動したこと。

痛いところに痛みの原因があるとしたら、その痛みが移動することは説明しにくいですね。

このように「右足が痛い」という問診情報がある場合、マッケンジー法ではその痛みがいつも同じなのか、あるいは少しでも「痛みの部位が変わる」のかなど細かい問診を行います。
それは、その痛みの変化によって、どの部位の評価をより重点的に行うのかを決めるヒントになるからなのです。

-マッケンジー法・症例ファイル

Copyright© 糸島こどもとおとなのクリニック , 2019 All Rights Reserved.