福岡・糸島の整形外科・小児科・児童精神科・歯科・リハビリ科

糸島こどもとおとなのクリニック

マッケンジー法・症例ファイル

case_129 右肩痛

投稿日:2019年4月23日 更新日:

右肩のMRI検査で腱板がいつ切れてもおかしくないからバドミントンはやめるようにと言われたという40代の女性。バドミントンをしても昼間の肩を動かすときの痛みはなかったとのことです。2日後にバドミントンの試合がありますが、どうしても出場を諦めきれずに監督と一緒に来院しました。

-マッケンジー法・症例ファイル

Copyright© 糸島こどもとおとなのクリニック , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.