福岡・糸島の整形外科・小児科・児童精神科・歯科・リハビリ科

糸島こどもとおとなのクリニック

マッケンジー法・症例ファイル

case_131 腰痛・左膝痛・左肩痛

投稿日:

長距離のウォーキングの後に持病の腰痛が悪くなり、左膝の痛みもあります

糸島こどもとおとなのクリニックからお届けするマッケンジー法・症例ファイル。
今回は長距離のウォーキングイベントに参加した後、持病の腰痛が増悪したという70代男性のお話です。

糸島は「島」がつくんですが、実は半島。福岡市内からももちろん陸続きです(^-^)

自然に恵まれた糸島半島を一周するウォーキングのイベントに参加した際に、以前からあった腰痛と左膝痛についてウォークの仲間と話したところ、当クリニックの受診を強く勧められ受診されました。

数年前にかかった整形外科の病院では腰椎椎間板ヘルニアと診断を受け、1年ほど投薬を受けていました。

とはいえ、40km以上もあるようなコースのウォークができるお元気な方です。
何年も前にある消化器系のガンを患って治療を受けておられ、すでに根治と言われているとのことです。

姿勢は猫背で、姿勢を矯正して保持すると左肩に軽い痛み、左中指・環指にしびれ感が出ますが、まただらりとすると痛み、しびれは速やかに消えてしまいます。

単純X線検査では、年齢相応の変形などがありますが、特に動かして問題になるような病変はありません。

腰の動きをみてみると、屈曲・伸展(前かがみと腰をそらす動作)ともに重度に制限されています。

姿勢を矯正保持することが自力では難しそうですので、まずはうつ伏せで肘をついた状態を保持する姿勢(パピーポジションと呼びます)をしばらく続けてみます。
これだと特に痛みが強くなることもないようです。

この後、さらに負荷を上げていくことも悪くないのですが、高齢で背骨の動きが悪い、体の硬い方で負荷を急激に上げることは場合によっては問題を生じることもあります。

今回は比較的お近くにお住まいで、数日後にまた来ていただけるとのことですので、姿勢を整える練習(slouch-over-correct)とうつ伏せで肘をつく姿勢(puppy position)を保持することだけを宿題にして初回評価を終了しました。

それから4日後。

実際にやってみると、肘をつくパピーポジションはきつかったので姿勢を整える練習だけを続けられたそうです。

練習しておられたという姿勢の整え方のチェックをします。まだまだ硬く、見た目はほとんど動いていないのですが自分ではかなり頑張ってやっているとのこと。

症状としてはまだ目立った変化はないのですが、問題もありませんので、このまま姿勢を整える練習だけを続けてみることにします。

それから10日後、初診から2週間になります。

かなりよいようです(^-^)

姿勢を整える練習はテレビCMなどのときには3分実施するなどかなり頻繁に頑張ったそうです。

そして一つ気づかれたことがあります。

草取りを頑張ったせいか、また少し腰と左膝の症状が悪くなったのですが、そもそも以前は草取りすら出来なかったのが出来るようになっていることに気づきかなり良くなったと実感したそうです。

エクササイズをチェックします。
まだまだかたいようです。姿勢をぐっと起こすときにはまだ左肩に軽い痛みと、左中指・環指のしびれ感がありますが、悪くはなっていません。

B男さん
実は膝の手術の日も決まっていたので、本当に良かったです。あの方に勧めていただいてよかった。お礼を言おうと思っています(^-^)

あの方とは当院受診をおすすめくださったウォーキング仲間のことです。

佛坂
よくお会いになるのですか?
B男さん
いや、イベントのときなので一年に一回ですね…

それから2週間後。初診から1ヶ月ほどたった頃。

とても調子が良いと喜んで来院されました。
毎年5月3日と5月4日に開催される博多を代表する祭りの一つである博多どんたくも好きなように歩き回れたと大変満足しておられます。
肝心のエクササイズはというと、テレビCMなどのときなどには姿勢を整える練習は続けているものの、最近は調子良いため少しサボりがち。
実は初診の際には腰と膝の症状が強くて聞き漏らしていたのですが、朝起きたときに痛かった左肩の痛みもすっかり良くなってしまったようです。

何をしたら良いのかはすでに自覚しておられますので、もう卒業で問題なさそうですね。

一年に一回しか会う機会がないというお友達がもたらしてくださったご縁。

皆様にも良き出会いがありますように。

-マッケンジー法・症例ファイル

Copyright© 糸島こどもとおとなのクリニック , 2019 All Rights Reserved.