福岡・糸島の整形外科・小児科・児童精神科・歯科・リハビリ科

糸島こどもとおとなのクリニック

マッケンジー法・症例ファイル

case_140 左殿部・右膝痛

投稿日:

左殿部の痛みが少し改善したころに右膝が痛くなりました

福岡、糸島こどもとおとなのクリニックからお届けするマッケンジー法・症例ファイル。
今回は3日前から左殿部(お尻)が痛くなり、その後、右膝が痛くなったという70代女性のお話です。

70代と言っても、毎日1時間ウォーキングをしていて、グランドゴルフや太極拳など趣味でしているような比較的アクティブな方です。
手芸も趣味で、毎日午後から2時間ほど座りっぱなしでの作業をするようです。

左殿部の痛みは、歩いているときなどなんともないのですが、座っているときや立ち上がるときなどに左殿部が痛みます。

まずは姿勢を確認します。姿勢はこの年代にしては普通な感じです。
いつもどうやって座るのかをお尋ねしていると、

A子さん
こうやって座るとなんともないんですが、(腰を曲げながら)こうやって座ると痛いんですよ〜

自分でどんな姿勢だと症状がでるのか気づいておられます。
座った状態から立ち上がり時の左臀部痛が再現性あることを確認できました。
姿勢を矯正して保持すること1分。

佛坂
立ってみましょう
A子さん
今は痛くなかったです…

さほど姿勢は悪くないのですが、腰に関連した症状のように見えます。

腰の動きを確認します。

横に動かす動きで、少し痛みがでるようですから、これらをベースラインとして評価します。

(ROM 考えうる最大の痛みが10点満点として 右SG 4点、左SG 2-3点 いずれも左殿部の痛み)

姿勢を矯正保持していい印象でしたので、まずは痛みの具合をうかがいながら5回続けて腰の伸展をしてみます。

佛坂
腰を横に動かしてみましょう
A子さん
あっ、さっきより痛くないです……(左にも動かしながら)こっちは同じくらいかな

(EIS流し台 5回 B)

さらに5回、先程よりしっかりと伸展していただきます。

A子さん
(左右にゆっくりと動かしながら)痛くないです!

(EIS流し台 5回 B SG痛 abolish)

方向性は見えましたので、流し台を使った腰の伸展を宿題にして初回評価を終了します。

それから10日後。

だいぶよいようです(^-^)
エクササイズは一日4セットくらいできているそうで、今日も朝から2セットしてきたそうですからちゃんとエクササイズをやっておられますね。
以前のような痛みはもうないのですが、時々腰の左側や左殿部が痛いことがあるようです。
今は少し違和感程度の感じが腰の左側にあります。 エクササイズをチェックします。 とてもやわらかく上手にできているのがわかりました。

佛坂
今、さっきの腰の違和感はいかがですか
A子さん
…今はないです!

(EIS流し台 5回 B)

今後も同じ方針でエクササイズを続けるようにと説明していると、

A子さん
時々、右膝が痛くなることがあるんです…

今はなんともないようで、右膝が痛くなったときも、その後できるときに腰を反らす体操をしてみて、右膝の痛みがどうなるのか確認していただくようにお願いしました。

それから1週間後、初診から17日目。
数日前から左殿部痛は完全に良くなったようです。
一方、右膝の内側の痛みがまだ続いているので薬を出してもらおうと思って来院されたようです。
右膝は痛くない日は全く何ともありません。
今現在は歩くときに右膝の内側の痛みが5点です。

症状がありますのでエクササイズの効果を確認するチャンスですね!
エクササイズをチェックします。

腰がとても柔らかく、かんたんに反らせていますので、これ以上そらそうとすると倒れそうです。

そこで、今度は椅子の背もたれをつかって腰を支えて、よりしっかりと反らせてみます。

佛坂
ちょっと歩いてみましょうか
A子さん
少し軽くなりました!

(EIS 椅子の背もたれで5回 ER意識して B)

歩くときの右膝痛が軽くなることが実感できたようです。
さらにあと5回続けてから、また歩いていただきます。

A子さん
さっきの半分くらいにはなりました

腰を反らせることで右膝の痛みも改善する事がわかりましたので、引き続き腰をしっかりと反らせるエクササイズを宿題とします。

それから一週間後、初診から24日後。
数日前から膝の症状も全く感じなくなったとのことです。 今後の再発予防のための注意点などご説明して卒業としました。

今回は左殿部痛で来院され、経過途中で右膝が痛くなりましたが、結局いずれの症状も腰椎を伸展するだけで良くなっていきました。
このように、痛みの部位に関わらず四肢の痛みが脊椎のエクササイズで改善していくことは稀なことではありません。

また、患者さんの症状は診察室で再現できるとは限らず、どういうエクササイズが良いのかを決めるのが難しいことがあります。
そのような場合でも、問診情報や評価中の僅かな変化などにヒントを得て自分でやっていただくエクササイズを決めます。
そして次回来ていただく時にその結果どうだったかを細かくお伺いしながら次に進むべき方向を決めていきます。

一方、何らかの症状がある時、メカニカルな負荷をかけることによってその症状がどのように変化するのかを評価できるため、症状改善への糸口を見つける絶好のチャンスとマッケンジー法では考えます。

-マッケンジー法・症例ファイル

Copyright© 糸島こどもとおとなのクリニック , 2019 All Rights Reserved.