福岡・糸島で新しい小児科・整形外科・児童精神科・歯科・リハビリ科の医療を目指しています

糸島こどもとおとなのクリニック

マッケンジー法・症例ファイル

case_37 両足のしびれ

投稿日:2017年7月22日 更新日:

両足のしびれ…痛みは良くなるけど、しびれは良くならない?

糸島こどもとおとなのクリニックから不定期にお届けするマッケンジー法の症例ファイル。本日は70代、両足のしびれを主訴に来院された女性のお話です。

2年ほど前、誘因なく右足先のしびれ感を覚えるようになったようです。その後、徐々に左足先も加わりました。以来ずっと両前足部のしびれは、起きている間になくなることはありません。1年ほど前から近医で腰部脊柱管狭窄症と診断され血流を良くする薬をもらっていますが、あまり効いた感じがないようです。しかも、痛みは良くなるけれど、しびれは良くならないとハッキリ言われたとのこと。辛い宣告ですね。

いつもの通り、問診ではレッドフラグなしです。

レントゲン撮影しましたところ、Meyerding分類でL3/4にGrade IIのすべりが有り、結構な狭搾もありそうです。もちろん参考にするだけですがw

「えっ、辷り症があるのに動かしていいの?……」と思われた方がいらっしゃるかもしれません。

マッケンジー法では反応を見ながら評価を進めて行きますので、すべりがあるからといって評価をやめる理由にはならないのです。

両足のしびれはありますが、知覚鈍麻はありません。
姿勢不良がありますが、姿勢矯正して保持してもしびれには何ら変化ありません。

今回は疼痛ではないので、少し評価がしづらいのですが、立位での両前足部のしびれを10/10として評価をスタートします。
腰椎ROM検査では、屈曲は中等度制限があり、しびれ11/10に僅かに増すようです。

伸展は重度に制限されていますが、しびれは8/10と若干の改善感があります。

左右に腰をずらしてみると、いずれも7/10程度にしびれ感の改善。

さて、次に臥位で評価します。どちらから?
先ほどのROM検査に対する反応から、伸展を選びますw
「えっ、狭窄症で腰を反らしていいの?」という声が聞こえてきそうですねw

マッケンジー法ではメカニカルな負荷に対する反応が全てです。悪ければ別の道を行くだけですね(^-^)

うつ伏せになっていただきます。
しばらくしてお伺いするとしびれは5/10と立位でのしびれ感の半分。
puppyポジションで持続していただきます……すると、しびれ感は2/10まで改善。

こうなると、70歳といってももう少し頑張ってみたいですね!(^-^)
一度腰を反らしてみますが特に変化はありません。(EIL NE) 繰り返してみます……すると一時右母趾あたりにピリピリと痛みを感じたようですが、反復とともに軽快しました。(EIL 10回 右母趾痛 produce NW) さらに10回……70歳とご高齢ですから、このあたりでやめないと、疲れちゃいますね(^_^;)
症状をお伺いしてみると……しびれは1-2/10くらいに改善しています(^-^)
診察台の周りを歩いていただき、再び座っていただくと、しびれは5/10まで戻ります。
もう一回だけ……とお願いして、再び腹臥位での伸展をやってみると……しびれは3/10に改善します(^-^)(EIL w/sag 10回 3/10)

実はかなり遠方からおいでいただいたので、次回のフォローアップが数日後とはいかないため、ハッキリと方向性を見極めるために頑張っていただきました。もちろん、すでにおわかりのように伸展方向が良さそうですね!(^-^)

いつものようにエクササイズのことや注意点などご説明し、加えて今回の診察を振り返って、近くの病院で「しびれは治らない」と言われたけれど、実際にはしびれがその場で改善したという事を忘れないでとお伝えし、初回セッションを終了しました。

本当に治らないのか……、それは動かしてみないとわかりませんね(^-^)

-マッケンジー法・症例ファイル

Copyright© 糸島こどもとおとなのクリニック , 2018 All Rights Reserved.