福岡・糸島の整形外科・小児科・児童精神科・歯科・リハビリ科

糸島こどもとおとなのクリニック

マッケンジー法・症例ファイル

case_42 右殿部〜右膝痛

投稿日:

2〜3ヵ月前より右殿部から右膝にかけての痛みがでてきた女性、エクササイズは出来ているようですが……

糸島こどもとおとなのクリニックから不定期にお届けするマッケンジー法症例ファイル。本日は介護職で、主に右殿部から右膝の痛みを主訴に来院された50代の女性です。

数年前に介護中にピンと右膝を伸ばして急に体をひねったとき、右膝が抜けたようになり痛く動かなくなったというエピソードをお持ちです。その後、膝が腫れてきたため近医で検査を受け右膝蓋骨脱臼した後の状態だろうと言われ、固定3週間に加えて、その後はサポーター固定の治療を受けました。
その際、骨の異常については指摘されていないようです。病態については現時点ではなんとも言えませんが、その後はとくに右膝の不安感などもなく生活されていました。

さて、2〜3ヶ月ほど前より、誘因なく右殿部から右膝にかけての痛みを覚えるようになりました。仕事が忙しい時は、左も多少痛みがあるようです。

初回評価の詳細は省きますが、腰椎伸展エクササイズで右膝痛の明かな改善がありましたので、立位、臥位での腰椎伸展エクササイズをやっていただく事にしました。

1日目、昨晩は臥位での伸展エクササイズを2セットできたようですが、今日は忙しく、全くエクササイズできず。症状はいいといえばいいのだけれど、いつも夜勤明けに悪い状態になっていたので、夜勤をやっていないと何とも言えない状態です。

それではということで、スケジュール表で夜勤の予定を見ていただき、夜勤の後に再来していただくことにしました。

そして、初診から10日目、いよいよ夜勤明けに受診していただきました。

その間、夜勤は2回あったようで、1回目の夜勤の時は以前と同様の痛みがあったようです。
エクササイズについてはがんばっておられるようで、だいぶ身体が柔らかくなってきたことは自覚されています。

さて、現在の症状は……右殿部から大腿近位後方までの痛みがVAS 5/10。
あれっ、右膝のあたりまでの痛みは?……もう感じないと言われています(^-^)

……これはマッケンジー法ではcentralizationと呼ばれている良い兆候のようですね!

再評価を行います。まずは自宅でされていた臥位での伸展エクササイズ(EIL)をチェック。

まず1回。んっ、その表情を見ていて気づきました。
楽に見えるというか、楽に出来るところまでやっておられます。
そこで、もっと腰を落としてエンドレンジ(できるかぎりの範囲)を意識した動きを指導してやっていただくと……

A子さん
腕がきついです〜

佛坂
それではここでやめておきましょう

A子さん
いままでは腕に体重がかからないようにやっていました

佛坂
腕に体重がかからないように腰をそらすのは難しそうですね…?w

A子さん
どうやったんだろう…?(^_^;)

どうあれ5回くらいで両上腕がつらくなりここで臥位伸展の反復(EIL反復)は終了。

もちろんこれで止めるわけではありません。
別の方法で行きます。

立位でのベースラインチェックします。
可動域チェックをすると、ご本人が言われていたとおり、凄く柔らかくなって楽に伸展できています(^-^)

で、喜んではいけないんですね。
方向性は合っていそうでも、症状が思うように改善しない場合、その一つの原因として、「しっかり最後まで動かす」という事がおろそかになっている可能性があります。

この方の場合も、初診とは比べものにならないくらい柔らかくなっているのですが、今はそれなりにもっとエンドレンジが深くなってると考えました。

そこで、エンドレンジを意識してしっかりと立位での伸展(EIS)反復5回。途中、万一ふらついた時に支えられるように横について、「もっともっと!……」と声をかけて応援します(^-^)
そして再びまっすぐに立っていただいて、さきほどベースラインとしてとっておいた右殿部から大腿近位後方までの痛みについて確認します。

佛坂
今、先程までのお尻から太ももまでの痛みはどうですか?

A子さん
ん…(おしりをあたりながら)、今は違和感はあるけど痛くないです

佛坂
自分でやっていたやり方との違い、感じていただけましたか?

A子さん
わかりました!

佛坂
なんとなく10回やるよりも、しっかりと1回の方が効き目があるんですよ!(^-^)

(殿部から大腿痛 abolish、違和感のみ)

「マッケンジー法」は単なる腰痛体操ではありません。動かすべき方向だけでなく、どこまでどのように動かすのかを、その患者さんの状態に応じてその場で判断します。
モニタリングはマッケンジー法のコアの一つとも言えます。今回のように、患者さんの表情を見ることで現在のエクササイズが適切なのかを判断できることもあるのです。

-マッケンジー法・症例ファイル

Copyright© 糸島こどもとおとなのクリニック , 2018 All Rights Reserved.