福岡・糸島の整形外科・小児科・児童精神科・歯科・リハビリ科

糸島こどもとおとなのクリニック

マッケンジー法・症例ファイル

case_68 左肘痛(上腕骨外側上顆炎?)

投稿日:

フライパンを振るときに左肘の外側に痛みが走ります……上腕骨外側上顆炎のようにも見えますが

糸島こどもとおとなのクリニックからお届けするマッケンジー法症例ファイル。本日は40代女性、スポーツインストラクターとして働いておられる左肘痛の患者さんです。

何年も前から、腕を後ろに伸ばしてストレッチする時に左肘外側に軽い痛みを覚えていたそうです。
最近、あまりこれといったきっかけもなく左肘外側が痛くなり、ものを持ち上げにくくなりました。
さらに詳しくお伺いすると、以前から左肩周りのちょっと気になる感じがあったとのこと。

実は1ヶ月ほど前に、ウォータースポーツをしていてウニの棘が足底に刺さった時に受診された方で、そのときにも左肘は痛かったそうですが、ウニの棘のことで忘れていたそうです。

そして今回、左肘の痛みでいらしたかと思いきや、またまたウォータースポーツで足を切って来院されました…危険なスポーツですね(^_^;)
さて、局所麻酔して挫創の処置が済んだ後、この左肘のことを今回は覚えておられたようですw
というより、実は今回はネットで当クリニックのマッケンジー法・症例ファイルを読んでいただいて、是非自分も受診してみようと思って来院され、受付で私が診察していることを確認して受診されました。
少しずつ一般の方にも記事を読んでいただいているようで嬉しく思います(^-^)

さて、スポーツインストラクターとして働いておられるだけでなく、趣味で冬場ですらウォータースポーツを楽しまれるような活動性ですからメカニカルな負荷は全く問題なさそうですねw
もちろんレッドフラグなしです。

左肘の痛みを再現する動作を探します。
フライパンを左手で振ってもらうと左肘外側にVAS 6/10の疼痛が再現されることを確認しました。
えっ、フライパン?…と思われた方も多いでしょうねw
たしかに通常の整形外科診察室ではまず見ることがないグッズですw
当クリニックの診察室には他にもダイニングチェアや私が使わなくなった革ベルト、塩ビのパイプ、広口瓶などをおいています。
これは症状の再現や日常生活指導、エクササイズ指導などで使うために用意しているものです。

単純X線検査では軽度のストレートネックを認めますが、変性などはほとんどありません。

姿勢は普通程度ではありますが、良いとはいえません。
姿勢を矯正して保持すること1分。

佛坂
さっきのフライパンふってみましょうか
A子さん
(フライパンを振りながら)少し痛くなくなったみたい…
佛坂
何が悪そうですか?
A子さん
姿勢ですか…恥ずかしくて言えないwww

ですよねw
スポーツインストラクターとして指導しておられるのでここだけの話にしておきましょうw

頚椎の動きには全く問題なく、伸展も大変しなやか。さすがです!
しっかりと伸展すること5回。

佛坂
もう一回振ってみましょうか
A子さん
(フライパンを振りながら…少し向きを変えたり、あれこれと試してみられ)さっきみたいな痛いという感じじゃなくて、痛いというよりなんかじぐじぐする感じみたいな…ちょっと痛み方が違います。

(RET+EXT w/op self 5回、エンドレンジを意識して 左肘外側痛VAS 2/10 Better)

さらに5回、応援しながらしっかりと刺激を入れること5回。

佛坂
さあもう一回振ってみましょうか
A子さん
(フライパンを振りながら…少し向きを変えたり、あれこれと試してみられ)痛くないです…
佛坂
ゼロですか?
A子さん
(いろいろ試しながら)…いや肘を伸ばすと少しは痛いかな

(RET+EXT w/op self 5回、エンドレンジを意識して 左肘外側痛VAS 0.5/10 Better)

さすがにスポーツインストラクターで飲み込みが早く、非常にきれいな動きをされるので、もう一セット追加しましたが、VAS 0.5/10から変化はありません。
ここからさらにステップアップして負荷を上げる手もあるのですが、まだメカニカルな評価を開始したばかりで、続けてみないとこれだけで十分なのかどうかはわかりません。できるだけ場所を選ばない簡単な宿題で、一人で出来る事だけにとどめます。とりあえず初回はここまでとしてエクササイズの注意点などご説明して初回の評価を終了しました。

マッケンジー法ではセラピストが手を貸す手技もあります。しかし、セラピストによる手技を積極的に使う時には、そこで負荷を上げる理由がはっきりしていなくてはなりません。それはむやみに負荷を上げると症状を悪くする危険性があるだけでなく、手を貸すことによって「治してもらう」という依存心を作ってしまいかねないからです。マッケンジー法では痛みなどの症状の改善を目指していることはもちろんですが、患者さんの医療者に対する依存を作らない自立支援が重要だと考えています。

-マッケンジー法・症例ファイル

Copyright© 糸島こどもとおとなのクリニック , 2018 All Rights Reserved.