福岡・糸島の整形外科・小児科・児童精神科・歯科・リハビリ科

糸島こどもとおとなのクリニック

マッケンジー法・症例ファイル

case_82 両踵痛

投稿日:

一年来の両かかとのジーンとした痛み……全く痛くない時もあります

糸島こどもとおとなのクリニックからお届けするマッケンジー法症例ファイル。今回は11歳、男児のお話です。

一年ほど前からとくにこれといった思い当たることもなく疲れたときなどに両踵のジーンとした痛みを覚えるようになりました。走るときや走って疲れたときなどに症状が強いようです。家ではソファでだらりとした姿勢で何時間もゲームをします。

踵に負荷がかかった時に症状が出るようにも見えますが、マッケンジー法では下肢の症状は……そう、腰椎から評価します。

単純X線写真では特に異常は認めませんが、通常よりやや腰仙椎の前弯(前方凸のカーブの具合)が強いようです。

姿勢はだらりとした猫背です。しっかりと姿勢を矯正して保持してみますが、特に症状の変化はないようです。

腰の動きをチェックします。伸展(腰を後ろにそらせる)はとても良くできるわりに、屈曲(前かがみ)は普通よりやや硬い印象です。

現在の症状を確認します。立ってもらい、左右それぞれ片足立ちしてもらうと、現在は少し右のほうが症状が強いようです。
(右踵荷重 VAS 5-6/10、左踵荷重 VAS 2-3/10)

さて、検査する方向を選びますが、問診情報、単純X線写真、姿勢、可動域検査からはまだはっきりとこれだという方向はありません。腰椎前弯の程度と可動域検査の結果から屈曲を選択することにしました。

走ったりすることのできるお子さんですから最初から比較的強めの刺激を入れて評価してみます。

座った姿勢で腰をしっかりと曲げること10回。

佛坂
ちょっと立ってみようか。まず右踵でさっきみたいに立ってみてくれる?……どう?
D男くん
さっきより痛くないです
佛坂
左はどうだろう?
D男くん
だいぶ痛くないです

(FISitting 10回 右 VAS 4/10、左 VAS 1/10)

もう10回、さらに限界を目指して、もっともっと……と声をかけながらしっかりと曲げてみます。

佛坂
もう一回、右踵で立ってみようか
D男くん
さっきより痛くないです
佛坂
左はどうかな?
D男くん
痛くないです
佛坂
全然?
D男くん
全然痛くないです

(ER意識してFISitting 10回 右 VAS 2/10、左 abolish)

エクササイズのやり方を再度指導して初回評価を終了します。

それから2日後。

左右とも、もう全く痛みはありません。

エクササイズを初診日の夜に開始して、翌日には痛みが完全に消えたようです。

さて、問題は良い姿勢の指導です。しっかり屈曲すると両踵の痛みが改善するので姿勢を良くするために腰を反らせて症状が悪くならないか心配ですよね。でも、今はもうすっかり痛みがなくなっていますのでやってみます。

良い姿勢をキープしても短時間では問題なさそうです。

もし症状が戻ったら、とりあえず今回覚えたエクササイズで対処してみて、それで解決する程度であれば良い姿勢をとる練習をする方針としました。

このお子さんに限らず、だらりとした猫背の姿勢の人では、どちらかというと腰をしっかりと反らすと良い場合が多いのですが、今回のように逆にしっかりと前に曲げると良い反応が出る場合もあります。

マッケンジー法では、ある動きに対して症状がどのように変化するのかを詳細に観察して、その人に合った姿勢やエクササイズの指導を行い、最終的に自己管理ができるように導いていきます。

-マッケンジー法・症例ファイル

Copyright© 糸島こどもとおとなのクリニック , 2018 All Rights Reserved.