福岡・糸島の整形外科・小児科・児童精神科・歯科・リハビリ科

糸島こどもとおとなのクリニック

マッケンジー法・症例ファイル

case_94 両下肢痛

投稿日:

三年ほど前から続いている両下肢痛、痛みの場所がかわるようです

糸島こどもとおとなのクリニックからお届けするマッケンジー法・症例ファイル。今回は両下肢痛でみえた80代男性のお話です。

3年ほど前から、ゴルフの後などに両下肢に痛みを自覚するようになりました。脚の痛みといっても、痛みのある所はそのときによって、あちこち変わる感じだったそうです。
この問診情報でピンときた方は、ある意味、マッケンジー法通ですね!w

ゴルフや家庭菜園などの趣味をお持ちです。ゴルフのパターや草取りで症状が悪化する他、立っていても、歩いていてもやはり症状は悪化するようです。
臥位では改善することを自覚しています。

40年ほど前に腰椎椎間板ヘルニアの手術、15年ほど前に腰部脊柱管狭窄症に対する手術を受けています。

そういった治療歴もあり、ご本人は腰部脊柱管狭窄症のために現在の症状が続いているのだと考えておられます。

単純X線検査の所見では腰椎すべりなど変性の所見を認めます。

(L2/3 Grade I 前方辷り、L3/4/5/S変性、脊柱管狭窄)

評価開始時点では、右大腿を中心に7点(考えうる最大の痛みが10点満点として)程度の痛みがあります。

姿勢が悪いため、まずは姿勢を矯正保持してみます。

佛坂
脚の痛みはいかがですか?
B男さん
右の太ももの痛みが少し軽くなったような感じがします

腰椎の可動域検査では屈曲は中等度、伸展と横方向の動きは重度の制限がみられます。

問診情報と姿勢矯正保持からは、まだはっきりとした方向性がまだ見えませんが、臥位で改善するという情報と座位姿勢保持の少し良いかもしれないという情報からまずはうつ伏せで軽い伸展姿勢保持をしてみます。

佛坂
痛みはいかがですか?
B男さん
右の太ももが痛いです

また起きていただくともとに戻ります。

(puppy持続 右大腿痛 increase-NW)

まだいいのか悪いのかわからない状態ですので、さらに流し台のところで伸展をしてみます。
もちろんうつ伏せの持続伸展で痛みが増えましたので注意深くモニタリングしながら行います。

5回ほど繰り返し、やはり伸展すると痛みが増えますが、戻ると元通りというパターンです。
(EIS流し台 5回 increase-NW)

今度は逆に屈曲も確認します。
座っていただき、腰の曲げ方をご説明して5回。
これまた曲げたところで同様に痛みが増えますが、戻ると元通りというパターンです。
(FISitting 5回 increase-NW)

まだ方向性は見えていませんが、時間は有限ですからそろそろ宿題を決めます。

このような時、いくつかの選択肢を提示してご本人に選んでいただきます。
一番気持ちよかった流し台を使っての伸展エクササイズを宿題にすることになりました。
エクササイズを実施するにあたり、注意すべき点などご説明し初回評価を終了しました。

それから8日後。

すごくいいようです(^-^)

こちらを受診してエクササイズを始めた翌日にはかなり改善したのを自覚したようです。とても調子良いもので畑にでて作業をしていてまた悪くなったので、体操をしたらすぐに右大腿の痛みは消えたそうです。しかし、右下腿外側あたりに痛みが出て、しばらく続いたようですが、現在は良くなっています。

佛坂
自宅でやっておられた体操をやってみましょうか
B男さん
(座位で横に腰をひねりながら)こうやって座ってこんな感じでしたっけ?
佛坂
横に動かすのは検査のときにやった動きでしたね……勘違いする方は少なくないので気にされないでくださいね(^-^)

このように検査中に動かした動きを、やるべきエクササイズと勘違いする方は少なくありません。
そのため、最近ではどのようなエクササイズをやるようにとお約束をしたのかを細かく書いてプリントして差し上げています。

現在は右下腿外側の1点の痛みがありますので、これをベースラインとして評価をスタートします。

佛坂
それでは姿勢を良くするのを一緒にやってみましょう

姿勢を整えてしばらくそのままで様子をうかがいます。

佛坂
今の痛みはどの程度でしょうか?
B男さん
今はなんともないです

(姿勢矯正保持 右下腿外側痛 abolish)

問診情報、手術歴、可動域検査、初回の評価からは、症状改善を得られるメカニカルな刺激は見つからず、こうしたら良くなるという方針決定のできない状態でした。
このような時、マッケンジー法を知らなかった頃の自分でしたら、術後の神経根癒着などを考え、対症療法としての鎮痛剤の処方程度のことしかできなかったと思います。

マッケンジー法では、このような場合、患者さんと相談し、姿勢やエクササイズなどの中から何かやることを選択します。

それを続けた結果、良くも悪くも症状に変化が出た時、そこからどのように治療を進めていくのかを決めていきます。

-マッケンジー法・症例ファイル

Copyright© 糸島こどもとおとなのクリニック , 2018 All Rights Reserved.