福岡・糸島の整形外科・小児科・児童精神科・歯科・リハビリ科

糸島こどもとおとなのクリニック

マッケンジー法・症例ファイル

case_77 右肩痛

投稿日:

治っていた右肩の痛み、1年ほどしてまた痛くなり10ヶ月も続いています

糸島こどもとおとなのクリニックから不定期にお届けするマッケンジー法の症例ファイル。本日は10ヶ月ほど続いている右肩痛で来院された70代女性のお話です。

現在も現役で働いておられます。家庭菜園をしている程度とのことでしたが、よく伺ってみると、甘夏のみかん畑、100本ほど世話しておられるそうで、これは現役バリバリという働きぶりでしょうか。

ご本人の記憶では、2年ほど前に川べりの斜面を降りる際に、右手で草を掴みながら降りていて、右肩にぐつっとしてから右肩痛を覚え、お近くの整形外科にしばらく通って治療を受けていったん良くなりました。
それから1年ほどして、とくにきっかけもなく再び右肩痛を覚えるようになり、以前かかった整形外科に通院し、何度か注射を打つ治療を受けられました。ある程度良くなっていましたが、その後も動かし方や日によって右肩が痛いこともあり、また右腕に力が入らない感じがあったりするようです。ただ、全く何ともないときもあるようで、このあたり、マッケンジー法で評価するときにある分類かも……と思わせます。

肩の症状ですが、単純X線写真は右肩に加えて頚椎についても確認します。右肩関節に軽度の変性、頚椎はC4/5/6に後弯変形があります。

他、問診情報にはレッドフラグはありません。

右手を上げる動作で痛みがあります(右肩前方挙上 100°〜PDM VAS 6/10)のでこれをベースラインとして評価を開始します。

姿勢を矯正してみますが、はっきりした変化はありません。
(姿勢矯正保持 NE)

頚椎の動きを確認します。どの方向も痛くはないようですが、伸展が45°とかなり制限されています。

頚椎の伸展を反復して5回してみますが変化はありません。
このとき、上位胸椎のあたりが全く動いていない事が少し気になりますが、これはご高齢の方ではよくある状態です。
(RET+EXT 5回 NE)

気分が悪くなったり首が痛くなったりもしないので、ちょっと負荷を上げてさらに5回。
(RET+EXT w/op self 5回)

A子さん
少しさっきより痛くないような気もします
佛坂
ちょっぴりって感じ?
A子さん
そうですね

この程度の改善ではまだまだ青信号とは言えませんので、引き続き慎重に評価をすすめます。

伸展がうまく出来ていないので、ここをもう少しサポートしながらしっかりと伸展して負荷を上げつつ5回。

A子さん
さっきより痛くないみたい…

(RET+EXT w/op self 5回 Better?)

この頚椎の伸展はまだ改善の余地ありという印象ですので、これを宿題にして4日後。

だいぶよいようです(^-^)

すごく頑張っておられたためか、昨日は腰が痛くなったので昨日はあまりエクササイズは出来なかったと正直におっしゃいます。

右肩の動きを確認します。手を挙げる動作はほとんど痛くなくなったようです…が、手を横から後ろのものをリーチしようとする時に、まだ痛みます。
(右肩外転90°での伸展時痛 VAS 6/10)

エクササイズをチェックします。

頚椎の伸展はまだ45°で、どことなくぎこちないので、背中にサポートを入れて寄りかかれるようにしてしっかりと5回伸展してもらいます。
(RET+EXT w/op self 5回)

佛坂
もう一回手を上げてみましょうか
A子さん
あらっ、もう痛くないみたい…不思議ですね

ご自宅でのエクササイズはベッドの上で壁に背中をもたれてやっているとのことでしたので、頚椎をしっかり伸展するために背中のクッションをどのように入れるかなど細かい指導を行います。

それから1週間ほどした初診より12日目。

だいぶよいようです(^-^)
普段は痛みもなく手もよく上がるようになったと手を自由に動かして見せられます。
それでも長く仕事していると、時に右肩が痛くなるようです。

A子さん
仕事続けていると痛くなるんです…
佛坂
そんな時はどうしています?
A子さん
休んでいます
佛坂
そんな時、何をしてほしいかわかります?
A子さん
…?…
佛坂
ぜひ同じ体操をしてみてください(^-^)

「肩」の痛みと「首」のエクササイズとの関係……なぜこれで良くなる事があるのか、医療関係者でも知らない人が多い現象ですから、一般の方ならなおさらのこと、そうすんなりとは受け入れられません。
マッケンジー法は単なる手技や体操法ではないことを以前お話ししたことがありますが、その方に合ったエクササイズで症状が改善することを体験した後も、それが自然な形で関連付けられて、最終的には自分で症状を改善できるようになるまで、このようなやり取りを続けながら自己管理を目指します。

-マッケンジー法・症例ファイル

Copyright© 糸島こどもとおとなのクリニック , 2018 All Rights Reserved.